ピンクゼリーで妊娠率が低い状態になる可能性も考えられる - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーで妊娠率が低い状態になる可能性も考えられる
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > 妊娠率が低い状態になる可能性

ピンクゼリーで妊娠率が低い状態になる可能性も考えられる

赤ちゃんは天からの授かりもので我が子なら性別に関係なく可愛いもので、親にしてみれば男の子だって女の子だって健康に生まれてくれればそれだけで十分です。
でも、お母さんとしては同性の女の子が一人は欲しいと考えてしまうこともあって、できることなら産み分けに挑戦して希望を叶えたいと思うことは少なくありません。
そのような女の子の産み分けをサポートしてくれるのがピンクゼリーで、膣内を酸性に保つことで女の子を授かる確率をアップするのです。
実は、女の子を授かるにはX染色体をもつ精子と受精する必要があって、そのX精子は酸性に強い特性があって膣内を酸性に保つことで、男の子を授かるY精子よりも有利になるのです。
このようにピンクゼリーを膣内に注入し酸性の状態を保つことで、女の子を授かる確率がアップするということです。

ただ、ピンクゼリーを使用すると妊娠率が低いと言った心配をされる方も少なくありません。
では、実際にピンクゼリーを使用すると妊娠率が低いということは事実なのでしょうか?
先に述べたように女の子を授かるためには、なるべくY精子が活動しにくい環境にしてX精子に有利な環境を作ることになります。
つまり、ある程度活動する精子を制限してしまうことになります。
その結果、受精可能な精子の量も限られて減ってしまうので、妊娠率も自然な状態と比較して低い状態になってしまう可能性は否定できません。

また、女の子を授かるためにピンクゼリーを使用するのは排卵日の2日前とされています。
その為に、精子の生き残りが問題になることが考えられて、それにより妊娠率が低い状態になると言えます。
このような点で、ピンクゼリーを使用することで妊娠率が低い状態になる可能性も考えられるのです。