ピンクゼリーの使用による副作用や障害などの事故報告は一切ない - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーの使用による副作用や障害などの事故報告は一切ない
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > ピンクゼリーの事故報告は一切ない

ピンクゼリーの使用による副作用や障害などの事故報告は一切ない

ピンクゼリーは、膣内環境を酸性に保つことで女の子を授かる確率をアップする産み分けゼリーです。
なぜ膣内を酸性に保つことで女の子が授かりやすくなるのかというと、X染色体をもつ精子が受精すると女の子が生まれるのですが、このX染色体をもつ精子は酸性に強いからです。
つまり、X染色体をもつ精子が生き残りやすい環境にすることで、女の子が生まれやすくさせるのです。

ただ、膣内にいれて使用するということで成分が気になる方も多いでしょうし、副作用や障害と言った事故報告がないのかを気にする方も少なくないです。
特にピンクゼリーは中国製で、しかも模倣をなくすためなのか内容成分に関しては非公開となっています。
その為に中国製で内容成分が非公開で大丈夫なのか、副作用や障害などの事故報告はないのかなど、リスクに対する不安が持たれてしまいます。

しかし、ピンクゼリーは体内に含まれる物質とゼラチンを組み合わせたもので、母体に対して害がありませんし、生まれてくる赤ちゃんにも何か障害が起こるということはありません。
現在まで知られている範囲ですが、副作用や障害などの事故報告は一度もないのです。
このように副作用や障害などの事故報告は一切ありませんが、多少でも副作用や障害などが気になる人は使用を避けた方が無難です。

それからピンクゼリーは、膣内環境を酸性に保つことで女の子を授かる確率をアップする産み分けゼリーで、産み分けが100%成功すると保証されているものではありません。
その為、ピンクゼリーを使用しても女の子を授からなかったとしても、それは事故報告に該当することではないので、その点は勘違いしないことです。