ピンクゼリーは中国製で内容成分非公開 - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーは中国製で内容成分非公開
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > ピンクゼリーは中国製

ピンクゼリーは中国製で内容成分非公開

ピンクゼリーは、女の子を産み分けする際に使用される産み分けゼリーのひとつで、膣内に注入することで膣内を酸性の環境に近づける働きがあります。
これにより女の子が生まれるX染色体の精子が有利になるので、男の子が生まれるY染色体の精子よりも女の子が生まれるX染色体の精子の方が受精する確率が高くなるのです。
ちなみに、このピンクゼリーはイギリスで開発されたものですが、現在では日本の産婦人科や通販などで購入することが可能になっています。

このように産み分けの確率をアップできるピンクゼリーですが、利用した方や利用を検討している方が問題点と考える内容がいくつかあります。
そのひとつが準備に手間がかかるということで、使用する際にピンクゼリーを温めて溶かし注射器で吸うという手順が必要で、その為にムードが盛り上がらないということです。

もうひとつは衛生上の問題で、ピンクゼリーの注入用の注射器は使い捨てタイプではなくて洗浄して再利用するタイプです。
その為に、洗浄・消毒が十分でないと細菌が繁殖してしまう可能性も考えられるので、悪影響を与えるのではないのかと不安があります。

そして最大の問題点として考えられていることは、ピンクゼリーが中国製であることです。
本来、中国製だからといって問題視する必要はないのですが、中国では過去に薬品や異物が混入したり、腐った原材料を使用したりと様々な事件が発生しています。
その為、中国製ということに対して過剰に反応してしまうことも少なくないのです。
特にピンクゼリーは膣内に注入して使用するものですから、安全性に対して過敏になるのは仕方のないことです。
また、模倣をなくすためか内容成分が非公開になっていて、中国製で内容成分非公開ということで過剰な反応があります。