ピンクゼリーを使用すると不妊になるのか? - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーを使用すると不妊になるのか?
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > ピンクゼリーで不妊になる?

ピンクゼリーを使用すると不妊になるのか?

できることなら希望する性別の赤ちゃんを授かりたいと考えている方もいて、そのような考えを持っている方の強い味方になってくれるのがピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーです。
ピンクゼリーを使用することで女の子ができるX精子を男の子ができるY精子よりも膣の中で有利な状態にすることで、女の子が生まれやすくして産み分けのサポートをするものです。
実は、女の子ができるX精子は酸性に強いと言った特性があって、ピンクゼリーを性交前に膣内にいれることで膣内を酸性に保ちX精子に有利な環境を作るのです。

このような方法で産み分けをサポートすることから、ピンクゼリーに使用するとY精子を弱めるので妊娠の確率が低下するのではないかと心配される方がいます。
また単にY精子を弱めるだけでなくて、精子全部を弱めてしまう結果になって不妊になりやすいのではないかと不安を感じる方もいます。
その為かピンクゼリーを使用すると不妊になると間違った情報が少なからずあるのです。

しかし不妊の原因は女性側と男性側それぞれにあって、女性側の原因には卵管因子・子宮因子・頸管因子などがあり、男性側の原因には造精機能障害と射出障害があります。
また、不妊になる原因が明確に判断することができない原因不明というケースが多くて、その多くはストレスが関係していると言われています。
このことから考えるとピンクゼリーを使用する方は、女の子が欲しいと強く願っていて、そのことがストレスになっていることも考えられるのです。
ピンクゼリーを使用すること自体が不妊につながる可能性はゼロではありませんが、ストレスが大きな原因になっていると考える方が自然と言えます。