ピンクゼリーの使用で赤ちゃんに障害が発生する可能性は極めて低い - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーの使用で赤ちゃんに障害が発生する可能性は極めて低い
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > 障害が発生する可能性は極めて低い

ピンクゼリーの使用で赤ちゃんに障害が発生する可能性は極めて低い

いろいろな考えや理由から希望する性別の赤ちゃんを授かる確率を高めたいと考える方もいて、そのような方の強い味方になってくれるのがピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーです。
生まれてくる赤ちゃんの性別は、Y染色体とX染色体の精子どちらが受精するのかで決まるので、受精した時にはすでに決定されているのです。
ちなみに、Y染色体をもつ精子が受精すると男の子で、X染色体をもつ精子が受精すると女の子です。

このX染色体とY染色体をもつ精子には、アルカリ性に強い・酸性に強いといった特性があって、その特性を利用したのがピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーなのです。
男の子が生まれるY染色体をもつ精子はアルカリ性に強くて、女の子が生まれるX染色体をもつ精子は酸性に強いと言った特性があります。
その為、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーを使用して女性の膣内を、酸性かアルカリ性かに調整することで産み分けすることができるのです。

しかし、このように産み分けゼリーを使用して膣内の状態を不自然に調整することで障害や副作用がないのかと心配される方も少なくないです。
特に、生まれてくる子供に障害が発生することがないのかを不安に感じる方もいます。
しかし、ピンクゼリーなどを使用することで障害児が生まれる確率が高くなることはありませんし、病院の先生も障害のある子供が産まれることはないと言っています。
また、生まれてくる赤ちゃんに障害や奇形が発生する主な要因としては、卵子や精子の染色体異常・ウイルス・放射能などです。
その点を考えてもピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーの使用で生まれてくる赤ちゃんに障害が発生することは極めて低いことと言えます。