ピンクゼリーは副作用の心配が一切ないのか? - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーは副作用の心配が一切ないのか?
ピンクゼリーの不安、大丈夫? > 副作用の心配が一切ないのか?

ピンクゼリーは副作用の心配が一切ないのか?

膣内のphを人為的にコントロールすることにより産み分けをサポートするグッズが、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーです。
実は産み分けを希望する場合には、膣内が酸性かアルカリ性かという点がとても重要なことで、酸性だと女の子がアルカリ性だと男の子ができやすいと言われているのです。
その為、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーを使用して膣内のphを人為的にコントロールするためには、直接女性の膣内に入れる必要があります。

そのような使用方法から女性はもちろんのこと、産まれてくる赤ちゃんや男性に対する副作用が気になるという方も少なくありません。
また、ピンクゼリーは中国製ということもあって、海外製のピンクゼリーは副作用が起きるリスクが高いのではと懸念する方もいます。
しかし、実際にピンクゼリーを使用したことによって、体調を崩した・生まれてきた赤ちゃんに障害があったなどのトラブルは一切ありませんし、副作用に関する報告もないのです。

トラブルや副作用が一切ないというのは、成分表示が公開されている産み分けゼリーを参考にした主成分からも理解できます。
主成分は水・ポリアクリル酸Na・水溶性コラーゲン・アロエベラ液汁・クエン酸・リン酸K・リン酸2Naなどです。
このように主な成分は、ph値を調整するためだけなので特に問題がないのです。

ただし、これに関してはあくまでも成分表示がある産み分けゼリーについて、トラブルや副作用などの心配がないということです。
成分表示がされていない産み分けゼリーも存在しているので、その商品に関しては副作用があるかどうかは判断が難しいと考えることができます。