ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は? - ピンクゼリーの不安、大丈夫?

ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は?

ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は?

一人目が男の子だったので二人目は女の子が欲しいと言った考えから産み分けを検討する方もいます。
また、女の子ならかわいい服を着せてあげたい、将来の話し相手や相談相手になってもらえそう、老後の面倒をみてもらえそうなどと言った理由で産み分けチャレンジする方もいます。
こうした産み分けに関しては賛否両論の意見がありますが、近年では比較的気軽に産み分けができる時代になっていることは確かですし、希望する方も少なくない状況です。

この産み分けの方法として一般的に用いられるのが、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーの使用です。
産み分けゼリーとは、男の子が生まれるY精子や女の子が生まれるX精子それぞれにとって活動しやすい環境へ膣内を人工的に変えることで産み分けするものです。
他の産み分け方法よりも効果が高いとされているのですが、実際にピンクゼリーなどを使用することで、男の子や女の子を産み分けられる確率はどの程度なのでしょうか?

女の子を希望する際に使用されるピンクゼリーでの成功確率に関するデータがあります。
ピンクゼリーを使用して排卵日2日前に性交することを条件として、7,958人を対象に検証したデータで、対象者のうち7,129人が出産して、女の子が生まれたのが5,700人です。
つまり、女の子が生まれる確率は約80%になるので、驚異的な確率ということができます。
ただし、成功確率に関しては50%とか70%とか様々な意見があるようで、一概に80%の高い確率があるとは断定できません。

また、ピンクゼリーはただ単に使用するだけではなくて使い方やタイミングを考慮しなくては確率が高くならないと言われています。
そのタイミングとは、女の子が欲しい時は排卵日の2日前を基準にすると言うことで意識すると確率が高くなります。

ピンクゼリーについて

科学的根拠に基づき、女の子を産む効果が高いとされているピンクゼリー

妊娠した際に最も気になる事といえば生まれてくる子供の性別は男と女の一体どちらなのか?という事ですが、これは近年になって男性側の精子の頭部に入っている23個の染色体の内の1個がどの様な物なのかによって生まれてくる子どもの性別が決まるという事が科学で立証された物となっています。
この理論は精子の染色体にはX染色体とY染色体の2つがあってX染色体2つから成る酸性に強いX精子の場合には女の子が、X染色体とY染色体が組み合わさったアルカリ性に強いY精子の場合には男の子が生まれるという物です。
これと精子が侵入する事になる膣内の特性によって生き残りやすい物が決まるという事が科学的に立証された事によって男女の産み分けを可能とする産み分け法が誕生したのです。
今回紹介するピンクゼリーは上述の理論で立証された膣内特性が酸性かアルカリ性かで子供の性別が決まるという科学的根拠に基づき開発された産み分け用ゼリーとなっています。
これは膣内に入れる事によって膣内特性を酸性にするという物で、使用する事によって女の子が産まれやすくなるのです。